無い頭から知恵を絞れ

頭? 超悪いデス 勉強? 超嫌いです・・・・・

時に超軽量のコンパクトのイカシタ脳みそをフル回転して知恵を絞ります
シンプルに実用的に 安全に壊れず それでもってデザイン性もあり メンテナンス調整も楽なように・・・・

今回はミッドステップ&スーサイド&ジョッキーの製作 かなり頭を悩まさせてます
まずは、サクサク シフトを製作
c0227496_18331125.jpg

シフトするとシフトレバーが 絶妙にプライマリーバックプレートから逃げます 並行して10mmのクリアランス
c0227496_18302949.jpgc0227496_18304540.jpg


続いて スーサイドクラッチ
エボ エンジンはクラッチが国産と同じように ワイヤー式
どうペダルで 上手くワイヤーを引っ張るかが決めてがお題!!作りが悪いとワイヤー切れたり最悪クラッチやミッションの破損につながります
まずはペダルの筒の部分を製作 きちんと寸法を出し完璧なクリアランスで アフターも考え純正のブッシュが入るように製作!!
c0227496_18593535.jpgc0227496_18594892.jpg

この時 ペダル部分の溶接での歪み分と最終的な表面処理の厚みを考えてクリアランスを少し広めで製作します
c0227496_18392646.jpg

今回はワイヤーは 市販のロッカークラッチワイヤーを使用
(トラブルがあっても直に入手しやすいのとワイヤーをワンオフするよりコストを押さえられるためです)
c0227496_18431130.jpg

よく切れるという話も聞きますが ワイヤーを出口で斜めに引くとワイヤーに凄く負担がかかります
(カム式で引っ張る場合一般的なレバーのように支点より近い位置ならば水平に限りなくひけますが、構造上の条件で支点距離が遠くなればなるほど回転移動に対しての移動距離は大きくなり弓なりに動きます)
なので、できるだけ真っ直ぐ水平に引けるよう ピロボールとワイヤーエンドの取り付けをフリー にして この2点によりペダル側のカムの回転移動の弓なりの引きの力を出来るだけ真っ直ぐに引くようにしました
このような構造にしたのはもう一つ ピロボールが取り付けがネジ込みのため 自由長がかえれ オーナーに合わせてペダルの高さが変えるためです(ロッド方式です)(直にワイヤーですとペダル位置(高さは)変えれませんよね
c0227496_18401327.jpg

ちなみにきちんとペダルのストッパー側も製作モチロンアジャスターで調整可能なのでペダル位置に併せ
ワイヤーの引きすぎを防ぎます
ただワイヤーを10mm程 足で引くだけの機構なのですが イロイロとのキチンと気持ちよく機能させるのは大変なのです

で今悩んでるのが ブレーキマスターのリリース
まだ製作中ですが・・・・・
c0227496_18454556.jpg

当初スポーツのマスターで行こうと考えましたが 製作したペダルのレバー比と スポーツのマスターのリターンスプリングの強さが合わず 踏み込みが重いレバーとなりました(スポーツは10対1位のレバー比ですが製作したはほぼ1対1に近い) c0227496_1849646.jpg
とりあえずリリーススプリングの無いマスターに交換 ペダルの自重とリリースの遅さ タッチの気持ち良さ を考えて 上手くリターンスプリングを入れれるか思案 検討中・・・・
c0227496_18542424.jpg

N様 現在 各追加の細かい部品注文中です あと またポジション確認とマフラー取り回し相談いたします!!
by oldspeeder56 | 2011-01-28 18:43
<< ウィンターホリデー 忠犬ニッパー 華麗に散る・・・・・ >>